【5月だからこそ行きたい滋賀県!】おすすめ観光スポットまとめ

びわ湖バレイ スイセン

滋賀県の5月に楽しめる観光スポットをお探しですか?

5月だからこそ行きたい!僕もいつか行きたい!そんな滋賀県の5月おすすめスポットをまとめました!

これからご紹介する写真右下には、撮影者様インスタグラムアカウントへのリンクがあります!
写真に一目惚れした方はぜひフォローを!

5月の滋賀県おすすめ観光スポット①「びわ湖バレイ水仙の丘」

びわ湖バレイ スイセン

Photo by @choro.rin

びわ湖バレイとは標高1000メートルを超える山頂につくられたネイチャーリゾートで、琵琶湖を一望できるカフェテラスや標高を活かしたアクティビティなどが楽しめる滋賀県の人気スポット。

そんなびわ湖バレイには5月ならではの絶景があります。例年GW後半頃から見頃を迎えるスイセンの丘です。こちらに咲く品種のひとつラッパスイセンはその名のとおり、内側の花がラッパのように突き出していることが特徴の黄色いスイセン。

その少しマヌケで、けれど愛らしい表情が魅力なんでしょうね。ロープウェイに運ばれて、山頂に広がる黄色の絶景を見に行きましょう。僕もいつか行ってみたいなー!

MEMO
「びわ湖バレイ」
住所:滋賀県大津市木戸1547-1
スイセンの見頃:例年5月初旬~5月中旬

 

5月の滋賀県おすすめ観光スポット②「新緑の教林坊」

教林坊 新緑

Photo by @eno_noe_22

聖徳太子によって創建されたとされる教林坊。境内はたくさんのもみじで溢れていて、滋賀県の紅葉名所として高い人気を誇ります。

4月・5月の新緑の時期には休日のみの公開が行われ、青もみじで私たちを楽しませてくれます。春のちょうどいい気温の中で芽吹きの緑に包まれるのはとっても癒されますね。居心地の良さが写真からも伝わってきます。

紅葉の時期のような混雑もありません。教林坊だけの話ではありませんが、紅葉の名所=新緑の名所なんだということに気づけた方は4月・5月を賢く観光できるのではないでしょうか?

MEMO
「教林坊」
住所:滋賀県近江八幡市安土町石寺1145
春の公開:4月・5月中の土日祝のみ公開

 

5月の滋賀県おすすめ観光スポット③「新緑の湖北水鳥公園(水中木)」

琵琶湖 水中木

Photo by @kazu_run02

コチラはどちらかといえば観光地というよりも滋賀県の人気撮影スポットということになるでしょうか。いくつか水中木が見られる琵琶湖ですが、湖北水鳥公園にあるこの水中木はスタイルの良さから被写体にもってこいであり、県内外のカメラマンたちから愛されています。

萌ゆる5月は新緑が美しいです。方角的にも夕焼けとの相性がいいスポットではあるのですが、新緑が映える季節はシンプルに青空で撮影すると、スカッと爽やかな一枚に仕上がりますね!海のように広がる琵琶湖の雄大さも伝わってきます。

あ、もちろんカメラを持っていない人も見に行く価値ありですよ!

MEMO
「湖北水鳥公園」
住所:滋賀県長浜市湖北町今西1731-1(湖北みずどりステーション)付近

 

5月の滋賀県おすすめ観光スポット④「サワオグルマ群生地(余呉湖畔)」

余呉湖 サワオグルマ

Photo by @snap2016

サワオグルマ(沢小車)とは黄色の花を咲かせるキク科の植物で、湿地帯に自生し、花が円形に集まり咲く姿が車輪のように見えることからその名がつきました。

琵琶湖の北にある余呉湖(よごこ)という湖の東側湖畔にサワオグルマの群生地がいくつかあります。黄色い花が広がる背景には森が見え、童話のようなメルヘンチックな世界が広がっています。

花畑の中には鑑賞用の遊歩道も用意されているみたいですね。地元住民の方たちの保全活動によって大切に守られている群生地なので、花は摘み取ったりせず自然の美しさを感じましょう。

MEMO
「サワオグルマ群生地」
住所:滋賀県長浜市木之本町飯浦
サワオグルマの見頃:例年5月初旬~5月下旬

 

5月の滋賀県おすすめ観光スポット⑤「賤ヶ岳リフトのシャガ」

賤ヶ岳リフト シャガ

Photo by @jiananana

賤ヶ岳リフト シャガ

Photo by @jiananana

サワオグルマの群生地のすぐ近くに今度はシャガという植物の花畑があります。シャガは薄紫色の花びらにオレンジ色の突起が伸びて、それを青色の斑点で囲んでいるという魅惑の模様をしている花。日本のいたるところに自生しているので、名前は初耳という方も見たことはあるんじゃないかと。

賤ヶ岳(しずがたけ)のリフトが流れる下にはシャガの花畑が広がっていて、見頃の時期にはカメラマンが集まる美景スポットとなっています。とにかくこのシャガの密集度がすごい。

残念ながら2018年より土砂崩れの影響を受けリフトの運転は見合わせが続いていますが、また動き出してくれればシャガの絨毯の上を空中散歩することができますよ。

MEMO
「賤ヶ岳リフト」
住所:滋賀県長浜市木之本町大音
シャガの見頃:例年4月末~5月中旬

 

5月の滋賀県おすすめ観光スポット⑥「新緑のメタセコイア並木」

メタセコイア並木 新緑

Photo by @kazu_run02

続いてご紹介するのは県北部の高島市にあるメタセコイア並木です!ココは知ってるよって方も多いのではないでしょうか?滋賀県の定番観光地としてかなり人気の高いメタセコイア並木。夏の緑、秋の紅葉、冬は雪化粧と四季折々の姿を見せてくれるスポットでもあります。

なかでも僕が一番好きなのは緑の時期。特に5月の新緑はみずみずしい若草色が美しいですね。落葉樹ってどうしても期間限定感にあおられて紅葉ばかりに注目されがちですが、本来の緑の葉をつけた姿も素敵なんです。

当たり前ですが緑のシーズンが一番長く楽しめますから、混雑を避けて観光できるのも嬉しいポイント。

夏の姿を知っているからこそ、秋の紅葉がより一層美しく感じられるってもの。滋賀のメタセコイア並木にはそんな”樹”の本来の楽しみ方に改めて気づく「緑の美しさ」がありますよ。

MEMO
「メタセコイア並木」
住所:滋賀県高島市マキノ町寺久保835-1(マキノピックランドに駐車場あり)
メタセコイアの緑シーズン:5月上旬(新緑)~10月頃

 

5月の滋賀県おすすめ観光スポット⑦「旧竹林院」

旧竹林院 新緑

Photo by T.Kojima

旧竹林院 新緑

Photo by T.Kojima

旧竹林院は秋の紅葉が特に有名ですが、春にはしだれ桜が咲き、夏の緑、冬の雪景色と四季を通して楽しめるスポット。

歴史の話をしますと、竹林院はかなりの力を持っていた比叡山延暦寺の格式高い里坊寺院(修行を終えた老僧が山を降りて余生を過ごす場所)でしたが、その力を恐れた明治新政府の政策により延暦寺の力は弱体化させられ、竹林院を含む里坊もどんどん衰退していきました。そして個人の所有地となりお寺ではなくなってしまったので”旧”竹林院となったのです。

旧竹林院のある坂本地区はそんな盛衰の歴史を伝えるべく「坂本重要伝統的建造物群保存地区」として残されています。と、少し長くはなりましたが、歴史を知れば今ここに広がる景色をより楽しめるのではないかと思います。

旧竹林院 新緑

Photo by T.Kojima

里坊だった旧竹林院の美しい庭園は、きっと修行を終え余生を過ごす僧侶たちを、四季の芸術で癒すためものだったのでしょう。

この初夏の5月は爽やかな新緑が美しい季節。最近はテーブルが置かれ、京都の瑠璃光院のようなリフレクション撮影ができるとSNSでも人気が高まっています。

今も昔も観るものを楽しませてくれる、竹林院の変わらない姿がここにあります。

旧竹林院 新緑

Photo by T.Kojima

MEMO
「旧竹林院」
住所:滋賀県大津市坂本5丁目2-13

 

まとめ 5月の滋賀県を楽しもう!

琵琶湖 水中木

Photo by @kazu_run02

アナタの気になるスポットは見つかりましたか?5月に滋賀県へおでかけ予定なら、ぜひ今回ご紹介したスポットに訪れてみてください。

よい旅を!

Photographers

・「びわ湖バレイ」
@choro.rin
・「教林坊」
@eno_noe_22
・「湖北水鳥公園の水中木」
@kazu_run02
・「サワオグルマ群生地」
@snap2016
・「賤ヶ岳リフト」
@jiananana
・「メタセコイア並木」
@kazu_run02
・「旧竹林院」
TripONE管理人T.Kojima

ご提供ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です