【愛知県の藤の名所・撮影スポット】総まとめ!

天王川公園 藤3

愛知県内で藤の花が楽しめるスポットをお探しでしょうか?

今回は愛知県にある藤のスポットを名所から穴場までまとめてご紹介します!

これからご紹介する写真右下には、撮影者様インスタグラムアカウントへのリンクがあります!
写真に一目惚れした方はぜひフォローを!

 

愛知県の藤の名所・撮影スポット①「天王川公園の藤」

天王川公園 藤3

ISO400 F22 24mm 1/50 by T.Kojima

・場所:愛知県津島市 ・見頃:4月下旬~5月上旬

かつて「藤浪の里」と呼ばれた藤の名所!

天王川公園 藤1

ISO500 F5.6 50mm 1/200 by T.Kojima

1つ目にご紹介するのは愛知県津島市にある天王川公園。津島市はかつて「藤浪の里」と呼ばれるほどの藤の名所でした。今でも藤の季節には「尾張津島藤まつり」が行われ、県内外の多くの観光客を魅了しています。長さ275mの立派な藤棚は下を流れる水路とマッチして美しい景観を作り出しています。

天王川公園 藤5

ISO800 F4.0 41mm 1/10 by T.Kojima

日中は太陽に照らされて透き通るように綺麗な藤の花ですが、夜のライトアップでは雰囲気が一変。藤棚は妖艶な姿へと様変わりします。陰と陽どちらの姿も見ごたえのある藤スポット。

終盤に現れる絶景”紫色のカーペット”!

藤の花筏

ISO1250 F8.0 3.2秒 by T.Kojima

天王川公園の藤の花は見頃終盤に2度目の絶頂を迎えます。散った花びらが水面に浮かび、隙間がなくなるほど藤の花筏(はないかだ)が溜まれば”紫色のカーペット”が出現するのです。この現象を狙って毎年カメラマン達が集まります。カメラを持っている方も持っていない方も今年のゴールデンウィークは、天王川公園に広がる「紫色の絶景」を見に行かれてはどうでしょうか。

天王川公園の藤について詳しく知りたい方はコチラ!
藤の花筏 【天王川公園の藤】の絶景を撮影!春に現れる”紫色のカーペット”

愛知県の藤の名所・撮影スポット②「岡崎公園の五万石藤」

岡崎公園 藤

Photo by @jinshi0611

・場所:愛知県岡崎市 ・見頃:4月下旬~5月上旬

樹齢120年の古木がつくる「藤のカーテン」!

桜スポットとして有名な岡崎公園ですが、藤の名所としても人気があるのです。市の天然記念物に指定されている岡崎公園の藤は「五万石藤」と呼ばれ、推定樹齢は120年を超えています。枝の広がりは11mにもなり、満開となれば見物客に覆い被さるように垂れさがる藤の花。その光景は”藤のカーテン”・”藤の天井”などと表現され、見るものを圧倒します。

藤の花をどこに見に行こうか迷っているのであれば、岡崎公園ならまず満足できること間違いなし。カメラマンの方は広角レンズを使って包み込まれるような絶景写真を撮影しましょう!全くの余談ですが、以前岡崎公園の藤の観光ポスターにはこんなキャッチフレーズが書かれていました。「さくらのあとはふじだな。」…う、うますぎる。

愛知県の藤の名所・撮影スポット③「曼陀羅寺の藤」

・場所:愛知県江南市 ・見頃:4月中旬~5月上旬

12種類もの藤の花がつくる「藤のシャワー」!

曼陀羅寺 藤の花

Photo by T.Kojima

愛知県江南市の曼陀羅寺公園は藤の名所として知られ4月下旬から5月上旬にかけて行われる「江南藤まつり」の会場となっています。こちらも見事な藤棚が広がっており、毎年多くの見物客が足を運ぶ藤スポット。園内には12種類の藤の花が植えられており、それぞれ早咲き・標準・遅咲きと見頃を迎える時期が違うので、曼陀羅寺公園全体で言えば藤の花を楽しめる期間が長いのが特徴。藤の花が待ち遠しい!という方は、曼陀羅寺公園の早咲きの藤に注目しておきましょう。超広角レンズで狙えば降り注ぐ「藤のシャワー」を撮影できます。昼間の自然光に照らされた可憐な姿とは違い、夜のライトアップでは藤の花の妖艶さが引き出されます。

愛知県の藤の名所・撮影スポット④「藤の回廊」

・場所:愛知県豊田市 ・見頃:4月下旬~5月上旬

藤の回廊 豊田

Photo by T.Kojima

お散歩しながら藤の花を愛でよう。

藤の回廊 豊田

Photo by T.Kojima

ココからは上でご紹介した3か所とは違い、穴場とも言える愛知県の藤スポットになっていきます。穴場1つ目としてご紹介するのは豊田市にある「藤の回廊」。名前からそそられるスポットですね。定番の九尺藤・八重黒竜など4種類の藤を楽しめる散策路になっていて、お散歩しながら藤の花を眺めることができます。屋台もたくさん出ますから、花より団子派の方もカメラを持って出掛けましょう!

愛知県 藤の名所・撮影スポット⑤「名城公園フラワープラザの藤」

名城公園 藤の花

Photo by T.Kojima

・場所:愛知県名古屋市 ・見頃:4月下旬~5月上旬

名古屋城×藤を撮影できるスポット!

名城公園 藤の花

Photo by T.Kojima

名城公園 藤の花

Photo by T.Kojima

穴場2つ目は名城公園フラワープラザ。コチラでは名古屋のシンボル「名古屋城」と藤の花を組み合わせた写真を撮影できます。望遠レンズでググッと背景の名古屋城を引き寄せれば、この場所でしか撮れないレアな写真をGET。名古屋城と藤を一緒に撮影できる貴重な藤スポットです。名城公園の新緑と紫色の藤の花のコントラストも美しい。

愛知県の藤の名所・撮影スポット⑥「広藤園」

広藤園

Photo by T.Kojima

・場所:愛知県碧南市 ・見頃:4月下旬~5月上旬

ピンクと白の提灯が藤を引き立てる。

Photo by T.Kojima

続いて紹介するのは愛知県碧南市の「広藤園」。天王川公園や岡崎公園と同じく美しい藤棚が広がる広藤園ですが、特徴的なポイントが1つ。それは藤棚に吊るされた提灯。ピンク&白という配色の提灯が藤の花の紫色によく合いますね。日中は可愛いらしさを、夜のライトアップには妖艶な雰囲気をプラスしてくれます。

愛知県の藤の名所・撮影スポット⑦「森津の藤」

森津の藤

Photo by T.Kojima

・場所:愛知県弥富市 ・見頃:4月下旬~5月上旬

超穴場!静かに藤の花を楽しむならココ!

森津の藤

Photo by T.Kojima

愛知県の藤スポット最後は超穴場!弥富市にある森津の藤です。歴史ある老樹のため現在はそれほど大きな藤棚ではありませんが、藤の花の美しさは変わりません。むしろ人混みはうんざりな方、お子さんとゆっくり藤を眺めたい方は森津の藤棚がピッタリです!写真好きな方もマクロレンズでじっくり撮影するのにもってこいのスポット。

まとめ 愛知県で藤の花を楽しもう!

Photo by T.Kojima

いかがでしたか?愛知県の藤の花スポットは綺麗な場所だらけで迷ってしまいますね。全国的に見ても結構レベルが高いと思います。

桜が終われば藤の季節!今年のゴールデンウイークは、ぜひ藤の花の絶景に癒されてください!

 

<今回の写真撮影者>

・岡崎公園の五万石藤 @jinshi0611
ご提供ありがとうございます。

・その他
TripONE管理人T.Kojima

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です